読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くろみき電波塔。

とりあえず続ける。

はにわがすき。

さいたま

さきたま古墳公園の続き。

ミステリアスな彼が眠っている「古墳展示館」で入園料を払うと、同じチケットで入れる「さきたま史跡の博物館」。

中には「国宝展示室」と「企画展示室」がある。

まずは国宝展示室へ。

1500年以上前の日本を語る115文字が刻まれた金錯銘鉄剣、どうしても卑猥な形に見えてしまう鈴杏葉など。さすが国宝、なんの知識もなかった私にも人並みの感動を与えてくれた。

国宝展示室にありながら国宝には指定されていない彼ら。

なぜか、みんな悲しそうだった。

f:id:miki0113:20160609175301j:plain

「う、うそだろ・・・。」悲しむ友人たち。

f:id:miki0113:20160609181522j:plain

「ぼく、彼女といつも一緒だったんだ。」肩を落とす馬。

f:id:miki0113:20160609181837j:plain

「昨日は、あんなに嬉しそうにしてたのに・・・」目に涙を溜める鳥たち。

f:id:miki0113:20160609174357j:plain

好きな男に愛されながら、首を絞められたような、なんとも言えない色っぽい表情をしている彼女がそこにいた。

「みんな、心配かけてごめんね。でも、わたし幸せだったんだ・・・。」

 

うん。一通り妄想が終了したので、企画展示室へ向かう。

 

そこにはひとりの王子様が心細そうに立っていた。

f:id:miki0113:20160609183350j:plain

(こっそり下界に遊びに来てしまったけど、トイレが見つからない・・・・どうしよう・・・)

王子「すみません、トイレはこの近くにありますか??」

f:id:miki0113:20160610092348j:plain

男「あっちやで!」

f:id:miki0113:20160610092501j:plain

女「いや!!こっちでしょ!!」

f:id:miki0113:20160610100937j:plain

男「あっちだ!!」   女「こっちよ!!」

2人「さぁ!!どちらを選ぶかはあなた次第!!」

王子「うーーーーん、こっち!!」

 

(こっちの方に来てみたけど、見つからないじゃないか・・・。)

王子「すみません、この辺にトイレありますか??」

f:id:miki0113:20160610101358j:plain

 お調子者「ほぇ??といれ??なんだそれ??そんなのしらないのら。うーーーーーん、ちょっとあいつにきいてみるからまってるのら!!」

     「おい、おまえといれってしってるか?」

f:id:miki0113:20160610150101j:plain

引っ込み思案「といれ・・・・。きいたことはある・・・。だけど・・・まだいったことはなくて・・・ごめんなさい・・・・。」

(下界にはトイレを知らない人がまだいるのか・・・信じられない・・・)

 

(あ、あの人ならわかりそうだ。聞いてみよう。)

王子「あの、すみません、この近くにトイレはありますか??」

f:id:miki0113:20160610150907j:plain

大将「トイレでごわすか??もうすぐそこでごわす!!」

王子「ありがとうございます!!」

(あったー!!ふー、あぶなかった・・・・。)

早足でトイレに入ろうとすると、ひとりの男に止められた。

f:id:miki0113:20160610152245j:plain

秘書「ただいま社長が使用中でございます。少々お待ち下さい。」

(確かに人がいる。あれが社長か・・・)

f:id:miki0113:20160610153143j:plain

(あぁ、もう限界だ・・・・はやくしてくれ・・・)

その時やっと社長が振り返った。

f:id:miki0113:20160610160503j:plain

 社長「いやーーーー、すっきりすっきり!!」

眩しすぎる笑顔に圧倒され、トイレに行くことすら忘れて立ちすくんでしまった。

(父さん、下界は今日も平和です・・・・。) 

 

●まとめ

「古墳よりもはにわの方がもっと好き。」

 

 

twitterくろみき (@96miki0113) | Twitter

facebook→黒田ミキ(https://www.facebook.com/96miki0113