読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くろみき電波塔。

とりあえず続ける。

さよなら私 / みうらじゅん

ほん

最近の深夜のメンヘラ具合が深刻化してきたので、すがるような思いで本を読んだ。

思い返すと、ちょうど一年前に一度読んでいた本だった。

f:id:miki0113:20160518035703j:plain

 一年前の私は、悩んでいるようで悩んでいなかったのかもしれない。何かを考えているふりをして何も考えていなかったのかもしれない。さらっと読んでしまった記憶しかない。

あの時は週に5日会社に行き、週に1日バイトに行き、週に1日完全オフ。このサイクルを約6年間続けていた。

ただただ毎日が過ぎていく。やりたいことがたくさんあるのにできない。それを仕事のせいにしたり、バイトのせいにしたり、人のせいにしながらかわいい自分を守っていただけだったのかもしれない。

"何をしてもいいと、言われるほど困るものはありません。何だってできるはずなのに、何一つ才能がなく、何もできないことの悲しさに比べれば、いっそ不自由であってブツブツ世の中に不平不満をブチまけていたほうがマシ。"

 だから、その時全く引っかからなかった文章が目に留まる。

仕事も辞めて、鳥取に移住した。自由な時間がたくさんある。やっとやりたい事が自由にできる!!それなのに幸せだと思っていたことが、時々とても苦しくなる時がある。

自分に期待しすぎていたのかもしれない。鳥取に移住したら、勝手に何か変わると思っていた。

"そもそも、自分探しなんて、まだ自分にはいい面が残っているはずだって信じてるわけでしょ?

探したあげく、最悪な自分しか見つからなかったらどうします?"

 読んでいて、少しゾッとしてしまった。確かに自分に期待してなかったら、自分探しなんてしないな。

 そして私の最大の課題、「いい人願望」。

"結局は自分がかわいくてしかたないわけで、立場の悪くなった自分をいかにその場から逃がしれやるか、そのことばかりで頭がいっぱいです。"

 本当にその通りだ。もしかしたら、物心ついた時からこんなことを考えながら生きてきたのかもしれない。他人のことを考えているふりをして、自分のことばかりを考えていたのかと思うと、やっぱり落ち込むけど納得もしてしまう。

 それに加えて、自分で勝手に作り出した「自分らしさ」や「理想の自分」もあるもんだから、メンヘラ状態に陥りやすいのだ。

"すべての悩みの原因は、自分があると信じていることなのですから。"

 なかなか難しい本は読めないし、難しい事を考える事ができない私にも、少し考えさせてくれて、ヒントをくれる本。おもしろい話や優しい言葉の中に、ドキッとさせられるようなことが埋め込まれている。読み終えて、楽になるようなならないような、スッキリするようなしないような、でもなんか気づけてよかったかもなーと思える一冊。みうらじゅんは好きなことしてて、気楽でいいなーと単純に思っていたのが、申し訳ない。

また、1年後に読んだら違う言葉にいろいろ考えさせられるんだろうな。

というわけで、「くろみき春の定期本」に決定。

 

twitterくろみき (@96miki0113) | Twitter

facebook→黒田ミキ(https://www.facebook.com/96miki0113